K-OZAWA

m
r

K-OZAWA

妄想ノスタルジアの権化的な絵描き

  • 3

    Fav 122
  • 9

    View 43,942
  • p

    Works 144

K-OZAWA

妄想ノスタルジアの権化的な絵描き

WORKS

イラストレーション > イラスト

朝の中央市場前電停(Early Morning @ the Downtown Market)

9

View
63

3

Fav
4

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

朝の中央市場前電停(Early Morning @ the Downtown Market)

by K-OZAWA

  • iコンセプト

    「C.T.R(Colour-Trash Railway)の
    本社とターミナルが存在する
    時代遅れの街の中央市場には
    食料品に民芸品、
    衣料品に嗜好品、
    電化製品に骨董品に舶来品...
    果ては何に使われるのか判らない
    精密機械のパーツ類-
    ありとあらゆるものが
    揃っていてしかも
    中心街の百貨店よりも
    安く手に入ると言う事もあって
    日が昇る前から
    大勢の買物客や
    仕入れ客でごった返す。
    この時間帯になってからでは
    寧ろ遅い位だ。
    その一方で、
    市場前の路上やテントの波間を
    野菜や果物、香辛料などを載せた舟が
    慌しく行き交っている。

    中央市場のシンボルになっている
    時計塔に繋がる桟橋には
    海の向こうの大陸や
    空の向こうの区域から
    有翼船に運ばれてきた積荷が
    桟橋の上で今も続々と下ろされてくる。

    止まり木で羽を休める有翼船は
    片側に翼を3つ配した立派なもの。
    船体に入った印は
    C.T.W.(Colour-Trash World)有数の
    貿易会社の所有である事を
    示している。
    有翼船が発達した事で、
    この街のような内陸の街でも
    海や空を隔てた諸外国との交易が
    可能になり、
    それがもたらす
    恩恵を受ける事が
    出来るようになった。

    尚、近頃この近辺では
    巡航中に
    ペガサスの背中に
    要塞を構える
    一人ぼっちの領主様と
    空中衝突した挙句、
    "弁償代"と称した積荷の剥奪も
    度々発生したりしているようだが、
    無事に仕入れた積荷の数々と
    店頭から溢れんばかりの
    品物の数々、
    それらしき傷は
    一つも付いていない
    船体から察する限りは
    今日は特に何も
    起こらなかったようだ。」

    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

    完成後にA4(210×297)サイズ程に切り取った水彩紙に
    水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもの。
    当初は「1月の市場」と言う仮タイトルで、
    以前掲載した
    「産業列車が運ぶ色彩の欠片(Piece Of CTW's Industry)」よりも
    先に完成・掲載する予定でしたが、
    「産業列車が~」の方を優先させたが為に結局、
    このタイミングでの掲載となりました。

    キャプション中の「一人ぼっちの領主~」の項に関しては
    蛇足かとは思いましたが、
    右上に描いている以上は
    このまま文中にて言及する事にしました。

  • i環境・素材

    水彩絵の具、水彩色鉛筆、水彩紙

  • i実寸サイズ

    A4サイズ(210×297)程

  • i製作期間

    1ヶ月位(※ブランク有り)

  • iタグ

    市場 鉄道 水彩イラスト
  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

朝の中央市場前電停(Early Morning @ the Downtown Market)

by K-OZAWA

  • iコンセプト

    「C.T.R(Colour-Trash Railway)の
    本社とターミナルが存在する
    時代遅れの街の中央市場には
    食料品に民芸品、
    衣料品に嗜好品、
    電化製品に骨董品に舶来品...
    果ては何に使われるのか判らない
    精密機械のパーツ類-
    ありとあらゆるものが
    揃っていてしかも
    中心街の百貨店よりも
    安く手に入ると言う事もあって
    日が昇る前から
    大勢の買物客や
    仕入れ客でごった返す。
    この時間帯になってからでは
    寧ろ遅い位だ。
    その一方で、
    市場前の路上やテントの波間を
    野菜や果物、香辛料などを載せた舟が
    慌しく行き交っている。

    中央市場のシンボルになっている
    時計塔に繋がる桟橋には
    海の向こうの大陸や
    空の向こうの区域から
    有翼船に運ばれてきた積荷が
    桟橋の上で今も続々と下ろされてくる。

    止まり木で羽を休める有翼船は
    片側に翼を3つ配した立派なもの。
    船体に入った印は
    C.T.W.(Colour-Trash World)有数の
    貿易会社の所有である事を
    示している。
    有翼船が発達した事で、
    この街のような内陸の街でも
    海や空を隔てた諸外国との交易が
    可能になり、
    それがもたらす
    恩恵を受ける事が
    出来るようになった。

    尚、近頃この近辺では
    巡航中に
    ペガサスの背中に
    要塞を構える
    一人ぼっちの領主様と
    空中衝突した挙句、
    "弁償代"と称した積荷の剥奪も
    度々発生したりしているようだが、
    無事に仕入れた積荷の数々と
    店頭から溢れんばかりの
    品物の数々、
    それらしき傷は
    一つも付いていない
    船体から察する限りは
    今日は特に何も
    起こらなかったようだ。」

    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

    完成後にA4(210×297)サイズ程に切り取った水彩紙に
    水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもの。
    当初は「1月の市場」と言う仮タイトルで、
    以前掲載した
    「産業列車が運ぶ色彩の欠片(Piece Of CTW's Industry)」よりも
    先に完成・掲載する予定でしたが、
    「産業列車が~」の方を優先させたが為に結局、
    このタイミングでの掲載となりました。

    キャプション中の「一人ぼっちの領主~」の項に関しては
    蛇足かとは思いましたが、
    右上に描いている以上は
    このまま文中にて言及する事にしました。

  • i環境・素材

    水彩絵の具、水彩色鉛筆、水彩紙

  • i実寸サイズ

    A4サイズ(210×297)程

  • i製作期間

    1ヶ月位(※ブランク有り)

  • iタグ

    市場 鉄道 水彩イラスト
  • iライセンス

    設定しない

published : 2019/01/28

閉じる
k
k