揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,496
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,496
  • p

    Works 46
  • 大和の神様

    今日見る蟲ーがその時期の勲章ではなく、地球規模で褒められるのは存続に耐えた人々の日々の祈りやその祝いついてだ。

     

    蟲ーのうえに見えた光は、せつめいをすることで自分の名前を言った。そばにいた神や目下(もっか)と、読む私がいる。ところで宇宙人のレベルや実際は、地球の宇宙の中の目、私、なにかを想像する私が生まれる前からあった死や、この地、目から見た星空は、その感動がそれが宇宙の端まですべての情報だ。自我の言葉自体が、容易に姿勢の力を伸ばすことには、時間があった。

    一度、降ってくる蟲ーが千手観音菩薩が、実際にはりてをされ試して頂いているようにもそうアニメで切り取って読んでそう感じた。仏はスマホの明るさ、それに気付ける身体能力を伝えた。

     

     

    地球がもう一つあって、古代人が別の運命のうち穏やかに暮らしているとしたら、蟲ーによって、私たちと別れさせられたことを悲しんでいるだろう。たまに話せるが、私たちの地球を見て、表面の顔や態度をカバーするような家は大切なものを守っている、と言っていた。

    何宇宙人や星人を楽しく知っていると絵本を見せ、「おっしゃている」と言え、と言った。巨大な大阪さんの様だった。

     

    昔は、ここからあっちはもう先祖でも神様だろうと、そうした墓を思う神社は建てられた。飛鳥時代、ことばでそうイメージすると自然や祈りというものの高度さやその技術。礼儀のほうほうを見定める姿勢や文明という広いことばから意識出来る。

     

     

     

     

     

     

    2つ結の髪型で、磨いた石を持つ。うつくしい神様がいて、見守られる私たちは色や柄のある服を持ち小龍のように歩む。

     

    道化三神といって、神と思い話すとき、こう話すことが出来るよ、こうでいいんだよ、と束ね、粗そうの気にしないを伝えてくれる。

     

     

     

     

    神ともっと一人で何か話すのだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

    動物や植物、太陽、見渡してもそれしかない中なら、その人の意識

    は頭よりずっと上にあり、国を知る為に内観的に戦うという争いは、実験とも、その時その時の天皇の手段は祈りの高度なその技術など、わたしとして、私の緊張感という言葉としてのテンション、周りを見渡すことで近付くことが出来る。

     

    目線のヒントは、街で江戸霊が、何年ここにいてると思ってるんだい。とのことで安心したことがある。

     

     

     

    供養欄

    https://hanagara.apage.jp/

    (中傷でもなんでも、エールをお願いします)

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev July 2024年 next
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
RSS
k
k