揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,421
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,421
  • p

    Works 46
  • 自分に挑戦

     

     

     

     

    大和人は、牢獄の夢をみた。言葉、感触、その良い心地、良い物を良いと感じられない、そんな心を掬う、もうとうに感じとれる、ということが出来ない心とその自分。森から、野から、どこでも“行った”

     

     

     

    「おーーい、」

     

     

    向こうの人までそう呼び暮らす、発声も筋力も現代人と違う、失うことはなかった。

     

     

     

     

     

     

     

    ある日、大陸へ行った。

     

     

     

     

     

     

    ここから、どこにでも行ける、わたしは。ずっと、その悟り

     

     

    外がある。観世音のその存在を知る、大きな感動には「外国」という重んじとは世尊の文化と名残りの継承があるだろう。

     

     

     

     

     

    天照、

     

     

     

    あの戦争は戦争じゃなかった!魚は、人間を点とし、「大きな心で」人間に構えさせる。だとしたら、この本当の景色と平和は目から感じ取れるだろう。目から感じ取れるだろう、悪いけむりの間に霊性だとか霊感はもっと早く受け入れられていたのだった。実にある天運の名残が言葉を生みにモロたちに触れ、きっかけを渡した。

     

     

    本当に長い者、地球の知者、魚

     

     

    本当に美しいジンベエザメの、その横に銀色の群れ。王族の騎士のような姿。

     

     

     

    私は思う。あの人は苦しんでいないだろうか?

     

    あなたは、私にそんな心配が出来ますか?

     

    君は答えます。誰が、よそ見をしてるのですか?

     

     

    シテンノウ!

     

     

     

    悪意が勝るとしんじる、安直になんでも出来るゆるされる、あきらめる、

     

     

    そう思わない、その事を屈がえせない。態々しく映っても、そう見えても。

     

     

    皇族は、もっと思いを思いにしている。

     

     

     

     

    実際にあるゆとりが、あると知っても知らなくても同等だ。運も無い、必然が一生、生き上がって来るのだから、知れることなんて遥かに無いぜ。腰を低める引力なんて筋肉なんて無いんだろが!!

     

     

    惹かれるまま、手で掴むことがだいじ。惹かれないから気になっていくまま口が開く、私は余計な思い出はとうに無い。

     

     

     

    サルメ、

     

    サルメって書いてるし

     

     

    わたし笑う、    「かわらぬ世は、嬉しい?」

     

     

     

     

    わたし「解った」

     

     

     

     

     

     

     

    初めての気持ちは、海に素潜りする、とか、プールで泣く園児とか、そんな高鳴りが「森」からイマジネーションがこだまして星間を蔦い。大人であってもある。確かに乗り越えた難しさを、今度はちゃんと一人でやってみよう。

     

     

    友にしよう、

     

    祈り、「イノリ」。

    手をかけるから、手間とも拝みを「オガミイザナギ」とも、自分のこの手を!

     

    必死で謝るが良い。

    ・やめるのと、自分で答えを探すこと、これが謝る。

    ・わからないから聞く、何日も聞く。人にする同じことを、それを難い方へ。

     

    デジタルに向かうのは手製だけだ。努力はいつしか汗をふるい弾いて、人の目を覚ます。だから、香しいのだ。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 霊界でイタズラは、冥界にイタズラをしたと同義語。同じ扱い!

    心には、

     

    映らないものと、

     

    映したい部分がある。

     

     

     

    守護霊の立つ所に他のヒトが押し入りなりすまし、指示や注意をする。

     

    悪いことをして逃げる力のバウンドは必死だからわからない。本人に自分のことをを自分だったらと想像しても捉えれる。逆にそのヒトは私を想像出来ない。

     

     

    心として引力に逆らう生きる抵抗力がないから客観視点の現実的に自己未消化な欲望という「現実出来てないのに、別のよそで本願を大成しようとする。」小さい端に詰められ、そのヒトがそう存在する中、本人は全然関係なく紛れているが仏徒として生まれの餓鬼から観世音菩薩のイノリ仏道一本だから仕方がない部分も必ずある。

     

    人間の高い想像力を、自我も全てを放り取った本能の逃走により、顔の一番前にする。

     

    拝んだり、自分が向かって復旧しそうな自我とそのヒト自身の縁、は、こちらからみて地続きだ、しかしよく見ると、蟲ーの視点とうに二つに別れ切り別れている。

     

     

    仏(見えないセカイの達成)が実際なのだから、その行為は実際の現実なのだ。

     

     

     

    人でも、何が理由かは知れないが、守護神のように本人を止めたり、注意したり、カンタンにイヤな気持ちで心上に庭のように思ってタスケたり、

     

     

    絶対、権利はない。リロン上でも心と心は遠い、手に取ったりは出来ない。

     

     

     

     

     

    だらしない心の隙にそういう仏に遊ばれ苦しんでいるはずだ。元の天やその天に怒られている。

     

     

     

    黙って苦しみ、自分の元気を養う。こうして七難即滅、という人も多い。

     

     

     

     

     

    冥王星があるように、冥界はあって、リアルに惑星があるを知る、ここが昔より強度が上がった。

     

     

    いくら苦しんでも何の力も授からないヒトだっている。こういった世界が憎しみのトビラの向こうにあるがさらに一億万年の功を描く。冥王。

    その欲望だけの人間の間の間のない考えを、お前がお前に許したんやろ!

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev June 2024年 next
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
RSS
k
k