揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,411
  • p

    Works 46

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 1,063,411
  • p

    Works 46
  • 気付いた考え

     

     

    蟲ーに対して、

     

    幻想の人格、埴輪とか、もっと素敵な設計文学

     

     

    「私」がこの時という時間のあいだに対象としたのが蟲ーであって、それが勝手に映す実在的な人があり、心として空やセカイの繋がりを感じていてもただし蟲ーがいると思う自分は、現実に存在する人より壁の起こすズレに愛着を持つ。時間を以ての人の証に気付いたら、構成できる想像。

     

    人の性格とは基本的ベースは、悟りとして変わらないが、鏡の奥を覗くことが出来たとしても家家(やや)が歴然と存在している

     

    蟲ーのいる過ごした現実のほうが曖昧であって、摩可のせかいである。こう理解することに摩可がある。現象学と歩みを取るような、概念そのもののあたらしい出現である。

     

    蟲ーを伐採して、咀嚼してから起こる理解である。

     

     

    こうしてから、云(ウン)に渡せる可能な幻想作品、この場合作品と言ったり名をするのは私自身の発達とか、人事(ひとごと、ひとのこと)に完結している、

     

    これはアニメ的想像を初めから考えていることがわかる高度な芸術、その古え(イニシェ)の理想は神を歩むときに初めて想像が現代人と重なる。

     

    努力と、仏とする種だねの分別。つまりほんの小さなこと。このリカイの後に。

     

     

    この美しさは、世尊とは、世の中のずっとずっと先輩とは、

     

    自分(自の分、自がもつ)としての努力と、仏とする種だねの分別。つまりほんの小さなこと。現在ご本尊とする諸行分別なる言葉は言語力などを言い、あらわるこのリカイの後に。

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 猫の世尊、あと

    たるたまの一生(わたしは後、生魂神社参拝)

     

    石の重い神

     

    不動明王供養

     

     

     

     

    ・たるたま、或る格社にての光

     

     

    光の中から出てきた狗 敗れ

     

     

    月読みこと

     

    「わたしをご覧せずに感情に傷付きました」

     

    塚 灰封神

     

    能 冥を人間の前で能じて調子に乗って調子が乗った様に戻らなくなった

     

    どこ? 実生活

     

    宇宙人顔を上手にしていた

     

    「顔を前に」

     

     

    物が足りない、女体ではない

     

    猿田彦 誰だか知って見れません、祝

     

     

     

    「お面ヤァ」

     

    ほげー

     

    わぁー

     

    ウィーン

     

    ナァー!

     

    メーーン

     

    んがー

     

    オギャー

     

     

     

     

     

    これを朝から晩までして、晩に部屋で宇宙人の面能を最後にして

     

    ほかした

     

     

    内容https://1drv.ms/u/s!Aq19_JAhIKs1aliJIMVSYeKNRvs

     

     

    椿の花壇に置く、明くる朝埋葬

     

    願い事…灰化するこの塚に訪れた珊瑚を椿にたくし花落ちとして繁栄を祈る、

     

     

     

     

     

     

    ごそそうがなかった

     

     

     

     

     

     

     

     

    ラーメンを買いに行き、道の途中神とずっと目を合わせた

     

     

     

     

     

     

     

    おみくじから、狗を守護にするもの相続の、または基盤の、その行くの占いを更にし

    方角を決める際に、その神弥勒菩薩に必ず訪れる

     

     

    受動している

     

    神に自分がこういわれているというのが、少しでもぼやーとした気持ちならそこに考え事がまだある、という意味。

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
prev June 2024年 next
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
RSS
k
k