揶白 (KF)

絵画

social
  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 407,744
  • p

    Works 45

揶白 (KF)

m
r

揶白 (KF)

絵画

  • 3

    Fav 13
  • 9

    View 407,744
  • p

    Works 45
  • 哲学

     

    ヒカリの中の夢を、「〜好きな人」と見る。

     

     

    自分はこうなってみたいを、他人の光の中で叶えちゃう人がいる。

     

     

    こういう時の気持ちを、「理想」と言われる二次熟語とするのは千年早い。

     

    口だけの人か、理想を叶える力の有る人か、

     

    この中では見分けています。

     

     

     

     

    口、という言葉の意味が、色んな人の持ってるキャラクターや味そのものだとは、こう知らない事を豊かに知れた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「出来るんです。」

     

    下働きは、力の特にいる人の立ち位置だ、上が何してるかを何となく知っていて、では上の人というと、人を待って下の勉強支える立ち位置だ。下の人は下の勉強が有るし、

     

     

    「何も感じない」という冷たさ、や、態度が本当に良い面なのだ。

     

    情が芽生えたからって、「何でも」は、やってしまったらいけない。それがもし自分の本当に良い面、自分の色かも知れないのだ。

     

     

     

     

     

     

    上手(うわて)の働きと、

    下手(したて)の働きとして

     

    成り立たさない=何でもは、形に出来ない

     

     

     

    と、いう見えないクリアもある。

     

    これが、大人ver. と言うのですわ。

     

     

     

     

     

     

     

     

    「ヤスモンムリ」…人のイキった姿をいつまでもキャプチャしてる。低級妖怪の種類だが、人の場合よいものを摂取すること。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ヒント…霊の言葉とは「向き」

     

     

     

     

     

     

    自分とは違う形を付けられる人が多い…ノリ

     

     

    ちゃんとご飯になる

     

     

     

    わりかし糖分を摂って形まで昇華しない人が多い。

     

     

    上を目指しても糖分…と、ならない形が必ず有る!

     

     

     

     

    三重…霊力の垢抜け

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    人間やって長いところの人に、とにかくいやされがある。

     

    「これ何回ゆってもわかれへんねんや、心ないんかな? きっしょ。」…でも、一緒に居ることの大事。

     

     

     

     

     

     

     

    言葉じゃない、

     

    言葉がないとも言えて、

     

    言葉じゃないとも言えて

     

     

     

    年齢とは、

     

    話を聞かせながら、話に触らせる。

     

     

     

     

     

    「ワテ」は、ちゃんと自分を保って黙っておる。

     

     

     

    いい加減にやかって来るんは、「ワテ」ラの、末の姿で、ワテらじゃない。厳しく言うと。

    哲学は、あんま書籍でもわからないけど、触って置くのは悪くない。

     

    「自分は今好きなことを想像してますから今ほっといて。」綺麗に断るには、人を知ってなあかんし、白さをめがけて傾きないことの学問です。

     

     

     

     

     

    これが素晴らしいから、聞き聞こえを思い出しても、いかつめに伝えられている。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k