寺澤晋吾(5°)

m
r

寺澤晋吾(5°)

画家/ミュージシャン/小説家

  • 3

    Fav 2
  • 9

    View 87,507
  • p

    Works 164

WORKS

文学・文芸 > 小説

七日目の蝉

9

View
189

3

Fav
0

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

七日目の蝉

by 寺澤晋吾(5°)

  • iコンセプト

    小説第2弾
    2008年、ぶんか社より電子出版
    2014年、Kindle化

  • i作品URL

    www.amazon.co.jp/%E4%B8%83%E6%...

  • iコメント

    ミレニアムを迎えるすこし前の年、19歳の「きみ」と21歳になる「ぼく」は出会った。ふたりが恥じらいながら近づき、互いを求めあい、抱きしめあった時間は幸福そのものだった。永遠につづくように思えた。

    しかし、突然きみは自殺してしまう--分厚い手紙を残して。そこに語られた衝撃的な体験と苦悩、知る由もなかった深い闇。物語はきみの死で終わらず、ぼくの日常は続いていく。

    「きみ」の残してくれた甘く切ない思い出と救えなかった後悔、抱えるには重すぎる事実と向き合う「ぼく」。のどかな田舎の少女が闇から光を求めてきたはずの都会。そこは人のつながりさえもかき消してしまうような喧噪にあふれ、少女は心をすり減らしていった。

    冒頭での蝉の童話と少女の姿が二重露光写真のように重なりあう、美しくも儚い恋愛小説。

    ※本作品は2008年に、ぶんか社より電子出版されていたものを加筆訂正しKindle版で再発売。

  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

七日目の蝉

by 寺澤晋吾(5°)

  • iコンセプト

    小説第2弾
    2008年、ぶんか社より電子出版
    2014年、Kindle化

  • i作品URL

    www.amazon.co.jp/%E4%B8%83%E6%...

  • iコメント

    ミレニアムを迎えるすこし前の年、19歳の「きみ」と21歳になる「ぼく」は出会った。ふたりが恥じらいながら近づき、互いを求めあい、抱きしめあった時間は幸福そのものだった。永遠につづくように思えた。

    しかし、突然きみは自殺してしまう--分厚い手紙を残して。そこに語られた衝撃的な体験と苦悩、知る由もなかった深い闇。物語はきみの死で終わらず、ぼくの日常は続いていく。

    「きみ」の残してくれた甘く切ない思い出と救えなかった後悔、抱えるには重すぎる事実と向き合う「ぼく」。のどかな田舎の少女が闇から光を求めてきたはずの都会。そこは人のつながりさえもかき消してしまうような喧噪にあふれ、少女は心をすり減らしていった。

    冒頭での蝉の童話と少女の姿が二重露光写真のように重なりあう、美しくも儚い恋愛小説。

    ※本作品は2008年に、ぶんか社より電子出版されていたものを加筆訂正しKindle版で再発売。

  • iライセンス

    設定しない

published : 2014/12/12

閉じる
k
k