OHBA Sakura's gallery

OHBA Sakura

m
r

OHBA Sakura

画家

  • 3

    Fav 204
  • 9

    View 101,781
  • p

    Works 190
  • 【後記】個展「sailing day」

    2023/05/31

    活動記録

    個展「sailing day」週末3日、計9日間。
    無事に会期が終了いたしました。

    お越しいただいた方をはじめ気にかけてくださったみなさま、本当にありがとうございました!

     

    タイミングがいろいろ重なり、北海道に移住するぞ!と思って1年程。今年の2月に北海道に移住の下見に行って帰ってきてすぐ、どうせなら移住前の5月に関東最後の展示をしたいなと思って会場を探していました。なかなか条件に合う会場が見つからない中、ギャラリーイロさんがやりませんかと声をかけてくれたので今回の展示が実現しました。いつも本当にお世話になっています。

     

    来てくれた方と会話しながら自分の作品と毎週末向き合うのはなかなか興味深い時間でした。楽しくもあり、自分と真っ向勝負で向き合う時間。今までやったことのない3週間にわたる展示期間(ギャラリーが空いてるのは週末の計9日間でしたが)、めちゃくちゃ情緒不安定になってる私を側で見守ってくれた母や吐露を聞いてくれた友人たち、作家活動のあれこれについて話に付き合ってくれた作家仲間やギャラリーオーナーの前田さん。みなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。

     

     

    今回の展示のテーマとしては「旅立ち」でした。
    展示タイトルにしてる「sailing day」はお気づきの方もいたかもしれませんが、BUMP OF CHICKENのタイトルから拝借しました。

    年代的にもタイミング的にもこの春、私の周りではたくさんの出会いと別れがありました。そんな私への、私たちへの、エールになればいいなと思って展示のコンセプトを決めました。

     

    自分で決めたキャッチの「僕らは光へと走っていく、不安が追いつけないような速さで。もっともっと遠くへ。」に一番励まされてたのは自分自身でした、という話をしましょうかね。

    天気のせいかなあ……結構途中で鬱屈ゾーンに入りこんだ期間があって。これじゃマズいぞ、光あふれる展示にしたいのに作家がどんよりしすぎている!って焦ったりして。おい!私!元気出せ!みたいな。でも、どうしても無理で。理想が高くて、自分に枷を嵌めるのが上手すぎて、なんか私の船出ってこんなもんなのか?みたいな、悔しくなってきちゃって…。

    船を用意して、いざ海原へ出るぞ!って時に、本当に大丈夫?って疑問を抱くのって一番良くないと思うんですけど、もうそんな感じでした。でももう行くことは決まってるし、行きたい気持ちには変わりないんだけど、めちゃくちゃ不安になってきちゃった自分をどうしていいかわからなかったんですよね。

     

    そんなある日、遠方から所謂ネッ友ってやつですかね。普段なかなか会えない作家仲間がわざわざ来てくれて、近況報告のなかで新しい仕事が始まることを教えてくれて。やっぱ仲間の大きい仕事の話とかめちゃくちゃ嬉しいから、かなり勇気をもらったところに「おおばさんも"北海道編"が始まりますね!」って言われたのがめちゃくちゃ嬉しくて。あ〜〜〜そうだ、何はともあれ出航だ。悩むよりまず行動するのが私じゃんねと思って泣きそうだった。

    北海道にいくことを伝えると開口一番に「大丈夫なの?」とか「寒いよ、大変じゃない?」とかそういうネガティブな事を言われることも多くて、もちろん純粋な心配の気持ちもあるのかもしれないけど、これから旅立つやつをこれ以上不安にさせるな〜!こう見えても実は結構ギリギリの虚勢でようやく立ってるところもあるんじゃい!ってちょっと怒ったりもしていた。笑
    なのに、私自身が不安になってどうするんだと。負けてんじゃん、プレッシャーに。負けんな!それよりも楽しいこといっぱい待ってるじゃんね!という気持ちになってきたから、本当にありがたかった。楽しみですね、って言われるたびに自分の選択を誇らしく思っていた自分を取り戻せたような気がしました。
    その帰り道にランダムのApple Musicが「近日公開第二章(PENGUIN RESEARCH)」を流してきて追い討ちでちょっと泣いた。この展示がアニメだったとしたら(?)、OP曲が「sailing day」でED曲は「近日公開第二章」ってことだったんだなと思いました。納得の仕方がオタクすぎる。

     

    胸を張っていなきゃ、ってね、思いました。

    私にも仲間がいて、そして応援してくれる人がいること、いつも展示すると思い出す。

    なんかこういうこと書くの照れちゃうんだよね。へへ。本当に嬉しいです。

    だからすぐ孤高の剣士みたいな気持ちになって勝手に不安になっちゃうけど、忘れないように今回も書きます。

    見守ってくれてる、こんな文章を読んでくれてるあなたがいるので、私は挑戦を続けていけます。

    本当にありがとうございます。

     

    そして、今回の展示を通して(というか最近ずっと思っていたことではあるのですが)、やっぱり私自身が頑張っている作家の「仲間」になれたらなと思っています。というか私はいま頑張ってる、これを読んでくれてるキミのこと、勝手に仲間だと思ってるよ〜〜〜うおおお私の手を…繋いでいてくれ……!自分自身ももちろんまだまだ邁進している途中なんですが、私の"これまで"が誰かの役に立てるなら。それを伝えていくことを積極的にやっていきたいって考えるようになりました。私でよければ、一緒に戦いたいし、成長していきたいし、頼ってほしいし、烏滸がましくもそういう存在になれたらいいなと思っています。一緒にがんばろう。私もめちゃくちゃこれからも頑張る。笑

     

     

    まだまだ書きたいことがたくさんあったはずなんですけど、うまく言語化できなくて、もう今日で5月も終わろうとしています。慌てて駆け込んでいる。まあ、でもいっかあ、この物語はまだまだ続くわけだし、しんみりとした壮大なあとがきは要らないのかも。
     

     

    おおばさくらの新章にご期待ください!


     


    個展「sailing day」【終了しました】
    開催期間:2023/5/5(金) 〜 2023/5/21(日)
    会場:GALLERY IRO
    https://creatorsbank.com/prnmgmg/event/3378

  • 【後記】個展「daybreak」

    2022/12/02

    活動記録

    無事、会期終了しました。

     

    今年最後の展示は「まだ売れてない絵の中で自分が気に入ってるものを並べたい」という思いで開催しました。

    カフェで個展をやる、というのはかなりひさしぶりだったかもしれません。

    普段はギャラリーの雰囲気とか、時期とか、コンセプト、あとは手に取ってもらいやすいものというのを結構気にしていて、今回ももちろんカフェとの雰囲気や、秋冬っぽい色遣いという点はもちろん気にしていたのですが、私自身が見て欲しいもの、というところの比重を上げて展示をしました。

     

    ホワイトキューブ的な真っ白い空間はもちろん絵をしっかり見てもらうという点では必要なのですが、こういった生活に近い空間で展示させてもらうことで、鑑賞する方も私も、より生活に私の作品が入った時のイメージがしやすいなと思いました。

     

    素敵なカフェギャラリーでとっても良い展示になったと思います。

    お越しくださったみなさまありがとうございました!

     

    おおばさくら

     


    個展「daybreak」【終了しました】
    2022/11/22(火) 〜 2022/11/27(日) 10:00-18:00
    会場 River Coffee & Gallery

    入場料無料

  • 【後記】個展「born」

    2022/08/03

    活動記録

     

    お越しくださった皆様、応援してくださった皆様ありがとうございました!

     

    出身地である川越で展示をしようと決めたのが去年2021年末ごろだったと思います。

    年が明けて2022年1月2日、会場の使用抽選に行ったのがもう随分昔のことのように感じます(笑)

    国の登録有形文化財という貴重な建物で展示させていただいたのはとてもいい経験になりました。

    土壁でできた蔵と油彩で描かれた川越の風景は、とてもマッチしていたように感じました。

     

    普段は東京をメインに展示などをしていますので、出身地でやるというのは普段とはまた違った緊張感がありました。

    新しい出会いや、普段きっと目に留まらないであろう層の方々に見て知っていただけて嬉しかったです。

    感染症の波がまたやってきている中、なかなか都内などへは足を運ぶのが難しいけど地元ならと見に来てくださった方も何人かいらっしゃったみたいで、久しぶりにこういう芸術に触れられて楽しかったよーというお声を頂き、やった甲斐があったなあと思いました。また、遠くから足を運んでくれた方々もありがとうございました。少しでも川越の魅力を知っていただけたのなら嬉しいです。

    川越出身で作家として活躍されてる方は結構いらっしゃるんですが、お越しいただいた方に聞いたところ、この展示蔵で展示をして出世?した方も何人かいらっしゃるとのこと。私もその後に続けるように精進していきたいと思います!

    他にも川越に住む大先輩方々に地域にまつわる話などたくさん聞かせていただき大変勉強になりました。

     

     

    この数年は遠くへ旅行することも叶わず、身近な風景から題材を探すしかありませんでした。

    最初は、普段の風景からなかなかこれといったものを見つけるのは難しかったですが、難しいという思い込みが私にフィルターをつけてしまっているんだなと気づいてからは、こんなにも近くに沢山の”美しさ”が私の気づかないところで輝いているんだなあと思いました。例えば、夕暮れの帰り道の空が美しかったとか、しょんぼりとしてたら足元にタンポポが咲いているのに気づけたとか。題材ってそういうものでもいいんだ、ということに気づくことが出来ました。そして、そういうちょっとしたことがラッキーだと思える心の余裕をいつでも持っていたいです。

     

    この数年で感じたこと、見つけたもの、そういうものを武器として纏いながら、改めて川越という街を歩いて巡り、昔の写真をたどり、こうやって発表できたことが何よりの幸福でラッキーだと思っています。

    それぞれの目の前にある事実を、光景を、私たちはそれぞれの感性でしっかり受け止めていかねばならない。まだまだ、感染症は収まる気配がありませんが、私はいま私にできることをやっていきたいです。

     

     

    私のみつけた輝きが、あなたの何かを揺さぶることを信じて。

     

    2022年8月3日 おおばさくら

     

     


    個展「born」 

    詳細:https://creatorsbank.com/prnmgmg/event/3290

    会期:2022/7/28(木) 〜 2022/7/31(日)

    会場:小江戸蔵里(川越市産業観光館) 展示蔵ギャラリー

     

k
k