川瀬大樹

画家

7

京都府城陽市

0

http://www.facebook.com/home.php#!/pages/%E5%B7%9D%E7%80%AC%...
social
  • 3

    Fav 237
  • 9

    View 526,815
  • p

    Works 305

川瀬大樹

m
r

川瀬大樹

画家

  • 3

    Fav 237
  • 9

    View 526,815
  • p

    Works 305
  • クリエーターズマーケット招待A−25ブース詳細^^

    http://www.creatorsmarket.com/ 
    明日から名古屋で開催の
    東海地方最大級.クリエーターズマーケットに
    土日の、両日参加してきます!

    昨年、ギャラリー龍屋主催のタツコン2011で
    クリエーターズマーケット賞を受賞しての招待作家として出展なので
    期待以上の人だかりにしないとですよ〜^−^
    川瀬ブースを沸騰させます!

    とりあえず..明日は午前の3時から車を名古屋へと向けて
    高速ノンストップで走ってゆくので
    早朝から夕暮れ時刻まで、フルハードボイルドな
    一日となる事、確実請け合いなんですからね!

    さてさて、デザフェスみたく小原画が勢いよく
    続々と嫁いでくれるのか!?基本クリマはクラフト色、
    つまり実用性重視なグッズや雑貨が主導権を握り締めているので、
    その辺りとの兼ね合いもあり、さぁて..どうなる事やらですよ!

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 作家とリアルファイトマネー

    作家活動の方でも、少しずつではありますが、
    収入がちょっっとずつ入る様になってきました^^
    それは大変ありがたく素晴らしき事なのですが、
    自身はお金が入ったらその分だけ、豪快に使ってしまうので、
    もっとシビアにルール定めて
    押さえるべきとこは、きっちり押さえる癖をつかないと
    いけないよなぁ..ってつくづく思うんです。

    昔の名台詞に一円に笑うモノは一円に無くって言う
    名言中の名言がありますが、正にそれをお手本据えて
    計画的に出し入れせんといかんですなぁ。

    同じ大阪向かうにしても、どのルートが最も安く
    辿り着けるかとか〜。ランチでも100円ほど節約する気持ちで
    ご飯食べる心構えであったり、当然画材は
    大阪で最も安い笹部で買いだめするとか。
    多分他の画材メーカーと比較すると、
    ここで基本買えば、他で買うより年に
    数万円の節約になるからね、うん。とにかく安くて神がかってるので。

    今回クリマもF50号サイズ、クルマに押し込みました、無理クリ..。
    前の席二人なら、なんら問題無いのですが、今回後ろに
    一人乗せる事になり、計3名で会場行くので、
    かなり後ろのスペースがキチキチで申し訳ないけど、
    宅配で往復すると、このサイズだと4000円かかるので、
    ここでも節約^^窮屈な感じで申し訳ないけど「笑」
    自動車で高速使って行くので
    一人辺り6000円ずつ割り勘で行きます。
    これで三人やから18000円から、高速料金、ガソリン2往復分、
    パーキング代を捻出。
    近鉄特急で行くとしたら往復8000円するから、ここでも、節約、節約。

    まぁ..こんな風に書くとケチんぼな感じしますが、節約が積もりに積もれば、
    年に数万円の開きにまで膨れ上がるので
    1円でも多く手元に残すハングリーな気持ちは大事な訳ですよ、うん^^
    でも、クリマで万が一、馬鹿売れした時は
    パッと景気良く、同行した仲間に普段お世話なってる
    気持ちとして日本一美味しい富士味焼きそばを
    クリマ会場で奢っちゃうけどさ「笑」

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 最後まで生き残りしモノ

    アートの世界で言うセンスと才能といわれる事柄を
    僕は自分の中で区切り分けているのだ。
    僕の中でのアートにおけるセンスというのは
    先天的なモノだけど、後天的努力でも
    磨き上げながら作り上げる事だって出来るとも思ってて。

    先天的センスの持ち主は、作家活動始めてすぐ目を惹く
    魅力溢れるモノを作品内部に兼ね備えている。
    色彩感覚が人よりも生まれつき豊かであったり、
    並外れた画力で想い描いたモチーフを
    変幻巧みに描き分けれたり、枚数少ない内から
    独自性豊かな世界観が絵に滲み出てたり。

    そして、アートでいう所の才能を率直に言い表すと、
    最後まで描き続けてゆける人の事を僕は差すのだ。
    素晴らしい作品を生み出すクリエーターってのは
    星の数ほど存在してて、
    それと同時に途中でリタイヤして
    絵筆折ってしまうモノ達も
    また星の数ほど存在するんです。

    僕より後から始めて実り多き結果出した
    僕よりハイセンスなアーティスト達を数多く見てきたけれど、
    みんな何かしらの理由で作家活動を中断、
    むしくは引退していってしまう。
    その間、ずっと一定リズムで絵を黙々と
    描き続けてきた僕は、先に走っている作家達に並び、
    追い抜いたってだけの事であって。
    つまりアートはサバイバル、いわば生き残ったモノが
    最終的に手に入れたかったチャンスへと
    到着するんだと思う。

    辞めていったモノ達の代役が僕に繰り上げて周ってきたとも
    捉える事が出来るし、先に走ってた走者が離脱した事によって
    自分が想定してたより、手にしたかったモノを
    少しだけ早く掴み乗れたとも思っている。

    所詮センスなんてのは、磨き続けなければ錆びが出来て、
    ホコリ被ったまま地中へと埋ずもれてゆく。
    けれど描き続ける才能があれば、
    常に絵に対し、研ぎ澄ました磨きをかけて
    作品の質をより良いモノへと維持できるのだ。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • アートはいわば長距離サバイバル

    作家活動始めて、来月でいよいよ9年目に突入いたします。
    いろんな数々の、ほろ苦いエピソードや
    恥ずかしい思い出もちらほら含みつつ、
    なんとか幸いにも、無事作家活動を続けてこられました。

    よく交流会の自己紹介で「川瀬君は作家活動歴が長くてね」っと
    紹介されるのですが、僕からしたら、全然長くなんかない。
    8年目にしてようやくアートマーケットで戦える土台、
    いわゆる骨組み基盤が一区切り完成した程度で、
    いよいよスタートラインから
    ピストル鳴らされて走り出せる段階に入った所だと思っております。

    デザフェスで今年10万売り上げたのも、個展で4万円近く稼げたのも、
    ようやく勝負できる水準の力が自分に宿ったからだと思ってて。
    もしデザフェスに作家活動始めたばかりの僕が
    仮に行ってたとしても、
    結果は惨敗な感じに終わってたと思う。
    2900ブースもアーティスト達が
    軒を連ね、壁面や床を飾り付けてる光景は正に一つの
    アートな大都市がビックサイトに形成されてる様であって。
    そうなると似たり寄ったりな作家ブースって言うんは淘汰されて、
    人の入りがさほど良くなくて、大勢の人がブースを横に
    通り越してゆくだけに終止してしまうと思う。
    やはり頭一つ突き出た作家達のブースは
    自分も含めて人だかりが出来る。
    その理由は、その人が持つ個人の世界が色濃くて
    そこでしか見れない、その空間でしか味わえない魅力で
    一杯溢れているからなんですよね。

    その事を理解せずに単に集客が多いから
    作り上げた作品がデザフェスやクリマでは売れると
    勘違いしているのであれば、それは大きな間違いなわけで。
    似たり寄ったりでドングリの背比べをしているクリエーターのうちは
    地元関西であろうと東海地方であろうと関東の土俵だろうと
    付いてくる結果はさほど変わらないと思う。

    やはり日々画面に向かう
    ひたむきな姿勢や継続してゆく力が、
    いずれは独自のスタイルを長い時間かけながら
    ゆっくりじっくりと形成するんだと思いますねぇ。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 絵との対によるコミュニケーションの大事さ

    昨日は久々に朝から夕暮れ時まで
    ギャラリー巡りしてました。
    やっぱり個展いいなぁ〜って思ったし
    作家が成長するために
    通らなくてはいけない橋なんだろうなぁとも思いましたね。

    一つの空間を一人の作家が一から全てを構築させ
    そこに今現在持てる自分の世界全てを表出させる行為が個展なわけで。
    作品図像対、鑑賞者による静かなる
    一対一のマンツーマン会話がすごく心地良くて。
    生駒で見た足立さんの個展は地下のギャラリー暗がり漂う
    黒い壁面にボンヤリと図像が浮き出てくる様でして。
    異界的な妖しくも神秘性漂う空気感を孕んだ女性像達が描かれていました。
    それらと一点ずつ自分のペースに合せながら静かに対話を
    重ね合せ鑑賞する事で、頭の奥底へと
    それらのイメージが漂流してくるんですよね。

    大阪日本橋の亜蛮人パンダン展にもオープン開口一番に
    足を運び73名による作家の作品一点.一点と
    真っ向から向き合い、対話。期間中交流会が開かれ
    夜から大勢の参加作家さん達がパーティーへと
    訪れるのですが、その時は人が多くてゆっくり落ち着いて作品と
    鑑賞出来ないのが、正直な所なんです。
    交流会の時はギャラリー場が宴会空間に化けて、
    宴会ありきが前に押し出てしまい、その事が去年から
    ひっかかってたので、今年は鑑賞は鑑賞、
    交流会は交流会と住み分けをさせて、
    夕方再度、亜蛮人へ訪れて
    作家さん達と軽く交流いたしたのです。

    そんなこんなで昨日はギャラリー行脚と
    トーク疲れで、帰ってから朝までグッスリ眠る事が出来ましたとさ^^

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 明日から大阪日本橋で亜蛮人パンダン展開幕です^^

    http://www.aband.jp/
    明日から大阪日本橋に在る
    アートスペース亜蛮人の
    開業5周年を記念した企画展、
    亜蛮人パンダン展に参加します。
    6.22〜7.3 13時から20時まで 水木休廊 
    出展する新作は自分にとって旬でいて
    タイムリーな心象風景を赤裸々に綴り描いた
    少し顔が赤くなりそうな一枚です。

    実は昨年開催の亜蛮人パンダン展4周年企画で
    待望の彼女が出来ましてね、えへ^^
    去年の交流会でお話したのをきっかけに
    搬出ん時、またまたその子と遭遇いたしまして^^
    そん時、近くの喫茶店行こうよ〜って話なって
    ジャズが似合いそうなレトロモダンな亜蛮人近くの
    キャフェで..お茶いたしまして〜「笑」
    そんで、そんで、その時、中崎町でまた会おう!みたいな話んなって
    ああだ、こうだする内に仲良くなり、アートストリーム2011が終わって
    少し月が日が流れた日の夜、酒に酔った勢いも加味されて
    メールで告白して、現在付き合うに至った訳なんですよ、はい^^
    いやぁ..、アートの交流会はいわば出会いの場でもあるので
    モテナイ作家諸君も、僕に引き続いて、運命的な
    素晴らしき人と、ドシドシ&ジャカジャカ、フィーリングで
    結ばれちゃってほしいよね^^

    と言う事で..明日金曜日の初日交流会は
    その彼女を引き連れてお忍びにてパーティー参加してると
    思われるので、どうぞ皆さん温かい眼差しでよろしくお願いします^0^

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 堺アートワールド2012審査通過です^^

    http://www.n-a.jp/sakai_art_world/index.html 
    無事、堺アートワールド2012の
    選考審査通過いたしました☆
    なんだか封書が薄っぺらくて落ちたかと思いましたが..
    選考通過やって、ほっと一安心でございます☆
    堺市産業振興センターイベントホールにて
    8月18日19日の二日間開催いたします^^

    今日の朝にサムホール作品を製作した後、
    さっそく堺アートワールド2012の振込みと
    手作りアートバザールの振込みを南都銀行にて
    まとめて済ませてきましたぁ^^
    投資した分、上手くリターンさせる土台固めのサイクルを
    しっかりと確立してゆかないとです。
    出展料払ってばかりだと資金もすぐに無くなってくるし、
    せめて支払った出展料くらいは
    キャッシュバックさせないとですね^^
    アートの世界は、いわゆる
    遊んだ分だけ稼いで仕事して元を取るんですよ、うん「笑」

    さぁ、ドラードの新作も残す所一点のみ!
    6月は締め切りに追われながらの、
    時間との鬼気迫る、鍔迫り合いですよ〜^−^

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 6月下旬からはアートイベントがテンこ盛りだニャゴ^^

    6月下旬からアートイベント予定がテンコ盛りなのでメモを。

    6.30.7.1クリエーターズマーケット 

    6.22〜7.3亜蛮人パンダン展 

    7.8京都アートビレッジ 

    7.7〜7.16ドラードギャラリー生き物語り展 

    716〜28SORA151人展 

    7.12〜16ギャラリー優しい予感.CJキューブ選抜展 計6個

    そして7月からクロネコヤマトで短期アルバイトも再開!
    7.8月はお中元繁盛記なのでお荷物がワンサカエンサカで
    夏の暑さもさらに+アルファーされちゃうのから..、
    いささか先が重いじゃなくて..思いやられます^^

    一杯稼いでお金をザクザク溜めてさ、愛しの桃ちゃんとデート
    しまくるぞぉ^^とりあえず、須磨の水族館へ夏は行きたいのだ。
    海の見える浜辺でラブラブしたいぞ^−^

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 亜蛮人ギャラリーの上田さん

    昨日は亜蛮人パンダン展の搬入で、
    ギャラリーオーナーの上田さんに
    新作の作品を見てもらう。

    「絵が最近のは昔と比べて格段に良くなったね、
    昔は形を手数で描き連ねている感あったけど、
    今の絵はマチェ−ルやフォルムが
    自然と画面から前に滲み出てきてるよ」

    この人のコメントはどのギャラリストよりも
    正直で的をついてて厳しく、それでいて優しい。
    2008年、亜蛮人での発表以来、4年間ずっと
    僕の作品を、影で見守りながら、そっと応援してくれてる。
    今まで出会ったギャラリストのの中で僕が
    最も信頼と尊敬の念を抱いてて、、
    心底認めて欲しいと思っている人なんです。
    亜蛮人で発表を続けるのは、この人に絵を見てほしいという
    強い思いが動機としてあるんだと思うな。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
  • 6.16記事まとめ

    6.16
    今日は平日、個展在廊を快く引き受けてくれた
    彼女さんの桃ちゃんに
    御礼と感謝の気持ち目一杯込めて
    天王寺構内に在るニンニクパスタ屋さんの
    2ペアセット奢ってあげた^^
    好きなパスタそれぞれ1品、サラダにスープ、ニンニクトースト、
    小デザート4品付いて3900円得々セットなのです☆
    喜んでくれた笑顔に胸キュンでした、えへっ♪

    6.16
    猫将軍見にDMO行ってきた。
    外の壁にパネル掛けてライブペイントしてる後ろ姿を
    多くの観客に混じりながらしばし鑑賞。
    使用しているマジックはマッキで
    何処にでもある百円ほどで買える道具が
    鍛え上げられた作家の手にかかれば、
    威圧的な存在感を彷彿とさせる絵へと化けるのが
    凄いなぁと思った。マッキ百円が数万円の値段に!

    6.16
    最近大阪へ行く時、友人の細川宅までバイクで赴き
    自宅の空きスペースに無料駐車させて貰ってます。
    そこから近くの阪急乗って西向日から天六まで切符310円を買う。
    天六から地下鉄走ってるので一日乗車券600円を買う。
    帰りは西向日の清算機に一日乗車券を入れ
    乗り越し310円なので一日乗車券込み1220円で行ける☆

    6.16
    ネットで発信する時は、万遍に滞り無く均等に配信するのが
    僕としては良いなぁと思っている。
    mixi,ツイーター、アメブロ、クリエーターズバンク、
    それぞれの、そこのサイトでしか
    見れない人ってのが確かに居て。
    アメブロやmixiで繋がりのある人、
    ツイーターやクリエーターズバンクから
    情報拾い上げてくれる人もいる。

    6.16
    個人的にはエクソシストよりも
    エミリーローズの方が恐かったです..。
    実際、在ったお話を元にして
    作られたホラー映画なのですが、
    悪魔が現実世界に実在していて、
    人の力では到底太刀打ち出来ない
    恐ろしい存在として描き表されていたんです。
    悪魔に目を付けられぬ様、気をつけねば..。

    Comment

    • ログインするとコメントを投稿できます。

      投稿
k
k