フクイヒロシ

m
r

フクイヒロシ

イラストレーター&映画ライター

  • 3

    Fav 2,861
  • 9

    View 174,378
  • p

    Works 345

フクイヒロシ

イラストレーター&映画ライ...

WORKS

イラストレーション > アニメ・漫画

新作アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる 』チラシ用四コマ映画

9

View
66

3

Fav
11

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

新作アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる 』チラシ用四...

by フクイヒロシ

  • i作品URL

    4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

  • iコメント

    『サイダーのように言葉が湧き上がる 』の四コマ映画描かせていただきました!
    映画チラシに掲載されます。
    昨夏公開予定がコロナで一年延期…
    ついに7月22日公開。

    昨年3月に四コマ提出したんですよ…
    待ちに待ちました…

    四コマ映画 #サイダーのように言葉が湧き上がる
    4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

    *****

    爽やかで可愛い佳作、というのがピッタリかと。

    話の根幹は、「コンプレックスを持ったティーンエイジャー(つまり全員)の初々しい恋物語」なのですが、
    それを包む要素が面白い。

    一つは「シティポップ」。
    劇伴はもちろんのこと、劇中歌は大貫妙子で、主題歌はシティポップを現代解釈したnever young beach。
    オシャレとはこのこと、気持ちいいとはこのこと、みたいな音楽で全編包まれています。
    ***
    二つ目は「シティポップのイラスト」。
    監督も言っている通り、イラストのスタイルは鈴木英人。
    山下達郎のアルバム『FOR YOU』のジャケットイラストの感じで全編描かれています。
    個人的に、シティポップのイラストがずっと動いてくれてる!という爽快感は、未だかつて味わったことのない気持ちよさでした。
    ***
    三つ目は「俳句」。突如の「俳句」。
    俳句もブームではありますけど、ブームだから取り入れたという浅ましさではない。
    「俳句とラップの親和性」と言いますか
    「俳句もラップも源流は同じ」と言いますか。
    俳句はとても音楽的な文学だし
    ラップはとても文学的な音楽。
    自分の気持ちをうまく表せない主人公が俳句でなら自分の気持ちをうまく表現できるぞってことで
    俳句を作りまくるんですけど
    彼が魂込めて俳句を発するうちにそれが「ラップ」になっていく、というのがとても面白かったです。
    ***
    絵の爽快感、音楽の爽快感、思春期ならではのモヤモヤ感が言葉によって昇華される爽快感。
    暑い夏に冷房効いた映画館で観たいのさ。

    四コマ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』
    4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

新作アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる 』チラシ用四...

by フクイヒロシ

  • i作品URL

    4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

  • iコメント

    『サイダーのように言葉が湧き上がる 』の四コマ映画描かせていただきました!
    映画チラシに掲載されます。
    昨夏公開予定がコロナで一年延期…
    ついに7月22日公開。

    昨年3月に四コマ提出したんですよ…
    待ちに待ちました…

    四コマ映画 #サイダーのように言葉が湧き上がる
    4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

    *****

    爽やかで可愛い佳作、というのがピッタリかと。

    話の根幹は、「コンプレックスを持ったティーンエイジャー(つまり全員)の初々しい恋物語」なのですが、
    それを包む要素が面白い。

    一つは「シティポップ」。
    劇伴はもちろんのこと、劇中歌は大貫妙子で、主題歌はシティポップを現代解釈したnever young beach。
    オシャレとはこのこと、気持ちいいとはこのこと、みたいな音楽で全編包まれています。
    ***
    二つ目は「シティポップのイラスト」。
    監督も言っている通り、イラストのスタイルは鈴木英人。
    山下達郎のアルバム『FOR YOU』のジャケットイラストの感じで全編描かれています。
    個人的に、シティポップのイラストがずっと動いてくれてる!という爽快感は、未だかつて味わったことのない気持ちよさでした。
    ***
    三つ目は「俳句」。突如の「俳句」。
    俳句もブームではありますけど、ブームだから取り入れたという浅ましさではない。
    「俳句とラップの親和性」と言いますか
    「俳句もラップも源流は同じ」と言いますか。
    俳句はとても音楽的な文学だし
    ラップはとても文学的な音楽。
    自分の気持ちをうまく表せない主人公が俳句でなら自分の気持ちをうまく表現できるぞってことで
    俳句を作りまくるんですけど
    彼が魂込めて俳句を発するうちにそれが「ラップ」になっていく、というのがとても面白かったです。
    ***
    絵の爽快感、音楽の爽快感、思春期ならではのモヤモヤ感が言葉によって昇華される爽快感。
    暑い夏に冷房効いた映画館で観たいのさ。

    四コマ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』
    4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

  • iライセンス

    設定しない

published : 2021/05/13

閉じる
k
k