フクイヒロシ

m
r

フクイヒロシ

イラストレーター&映画ライター

  • 3

    Fav 1,665
  • 9

    View 108,890
  • p

    Works 247

フクイヒロシ

イラストレーター&映画ライ...

WORKS

イラストレーション > アニメ・漫画

シリアルキラーの語源となった実在の殺人鬼 映画『テッド・バンディ 』

9

View
87

3

Fav
16

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

シリアルキラーの語源となった実在の殺人鬼 映画『テッド・バンデ...

by フクイヒロシ

  • i作品URL

    4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

  • iコメント

    何度も映像化されているテッド・バンディ(セオドア・ロバート・バンディ)ですが
    今回はザック・エフロンがテッドを演じています。
    ザック・エフロン名演じゃないですか、これは!


    さらに、テッドの恋人の視点が強めだというのが大きなポイントですね。
    単なるシリアルキラーものではなくて
    「身近な人が実はシリアルキラーでした」という恐怖と混乱を実話を基に描いています。

    ****


    四コマ映画『テッド・バンディ 』→ 4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...


    ****

    テッド・バンディといえばここに書くことすらためらうほどの殺人鬼。
    シリアルキラー の語源になった男で、裁判官の言葉を借りると「極めて邪悪で衝撃的に凶悪で卑劣」な男。

    しかし、IQ160でイケメンで立ち居振る舞いも堂々としていてユーモアもあるので
    裁判がテレビで放映されると女性ファンが増えていき
    傍聴席は毎回満席、ファンレターも届くという状況。

    自分で自分の弁護をできるほどの頭を持っていたので
    メディアも翻弄され、
    事件を州をまたいで実行されていたことから
    それぞれの州警察の連携もとれず
    なかなかテッドを有罪にできない。

    ****

    テッドの恋人の視点になっているので
    観客側も「有罪なの?無罪なの?」と揺さぶられながら観ることになります。

    パンフによるとこれは監督の意図通り。
    監督のジョー・バーリンジャーはドキュメンタリー作家らしい個性で
    他の映画との差別化が図られています。

    監督曰く
    「真実は誰でも見えるとことにありましたが、手遅れになるまで、誰1人その真実に立ち向かうことができなかったのです」とのこと。
    いいね!

  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

シリアルキラーの語源となった実在の殺人鬼 映画『テッド・バンデ...

by フクイヒロシ

  • i作品URL

    4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...

  • iコメント

    何度も映像化されているテッド・バンディ(セオドア・ロバート・バンディ)ですが
    今回はザック・エフロンがテッドを演じています。
    ザック・エフロン名演じゃないですか、これは!


    さらに、テッドの恋人の視点が強めだというのが大きなポイントですね。
    単なるシリアルキラーものではなくて
    「身近な人が実はシリアルキラーでした」という恐怖と混乱を実話を基に描いています。

    ****


    四コマ映画『テッド・バンディ 』→ 4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_...


    ****

    テッド・バンディといえばここに書くことすらためらうほどの殺人鬼。
    シリアルキラー の語源になった男で、裁判官の言葉を借りると「極めて邪悪で衝撃的に凶悪で卑劣」な男。

    しかし、IQ160でイケメンで立ち居振る舞いも堂々としていてユーモアもあるので
    裁判がテレビで放映されると女性ファンが増えていき
    傍聴席は毎回満席、ファンレターも届くという状況。

    自分で自分の弁護をできるほどの頭を持っていたので
    メディアも翻弄され、
    事件を州をまたいで実行されていたことから
    それぞれの州警察の連携もとれず
    なかなかテッドを有罪にできない。

    ****

    テッドの恋人の視点になっているので
    観客側も「有罪なの?無罪なの?」と揺さぶられながら観ることになります。

    パンフによるとこれは監督の意図通り。
    監督のジョー・バーリンジャーはドキュメンタリー作家らしい個性で
    他の映画との差別化が図られています。

    監督曰く
    「真実は誰でも見えるとことにありましたが、手遅れになるまで、誰1人その真実に立ち向かうことができなかったのです」とのこと。
    いいね!

  • iライセンス

    設定しない

published : 2019/12/18

閉じる
k
k