K-OZAWA

m
r

K-OZAWA

妄想ノスタルジアの権化的な絵描き

  • 3

    Fav 86
  • 9

    View 39,411
  • p

    Works 133

K-OZAWA

妄想ノスタルジアの権化的な絵描き

WORKS

イラストレーション > イラスト

夏の終わりの臨時乗降場(Regret On The Summertime Stage)

9

View
26

3

Fav
1

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

夏の終わりの臨時乗降場(Regret On The Summertime Stage)

by K-OZAWA

  • iコンセプト

    「あの頃と変わらぬ海の上に
    浮かぶボトルシップは
    すっかり変わってしまった
    海の色も風の表情も何も知らないまま。

    一生懸命こしらえた砂の城。
    崩れて欲しくない気持ちは判るけど、
    どんなに頑丈な鳥籠に
    閉じ込めたつもりになった所で
    それは詮無き事。

    甘い幻想が
    苦い思い出に変わる事なんて
    何回も何回も覚えがあるけれど
    この夏 それが
    また一つ増えただけのこと。

    向こうの団地の廊下に
    明かりが灯り出す頃、
    最後の一本がここを経てば
    ひと夏限りの舞台に設えられた
    急ごしらえの停車場は
    幕を降ろすのさ。」

    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

    A4(210×297)サイズのケント紙に水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもの...
    なのですが、鳥籠や劇場(駅舎)・壁の模様をはじめとする細部には特に
    水彩色鉛筆の顔料を用いたりしました。
    劇場(駅舎)、ボトルシップ等大きめのモチーフが並びますが、
    これらの配置の仕方やアングルで悩んだりもしました。


    「本郷台駅前祭り」の水彩色鉛筆ワークショップの時に
    展示致しました。

  • i環境・素材

    水彩絵の具、水彩色鉛筆、ケント紙

  • i実寸サイズ

    A4サイズ(210×297)程

  • i製作期間

    10日位

  • iタグ

    アナログ 鉄道 夏の終わり
  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

夏の終わりの臨時乗降場(Regret On The Summertime Stage)

by K-OZAWA

  • iコンセプト

    「あの頃と変わらぬ海の上に
    浮かぶボトルシップは
    すっかり変わってしまった
    海の色も風の表情も何も知らないまま。

    一生懸命こしらえた砂の城。
    崩れて欲しくない気持ちは判るけど、
    どんなに頑丈な鳥籠に
    閉じ込めたつもりになった所で
    それは詮無き事。

    甘い幻想が
    苦い思い出に変わる事なんて
    何回も何回も覚えがあるけれど
    この夏 それが
    また一つ増えただけのこと。

    向こうの団地の廊下に
    明かりが灯り出す頃、
    最後の一本がここを経てば
    ひと夏限りの舞台に設えられた
    急ごしらえの停車場は
    幕を降ろすのさ。」

    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

    A4(210×297)サイズのケント紙に水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもの...
    なのですが、鳥籠や劇場(駅舎)・壁の模様をはじめとする細部には特に
    水彩色鉛筆の顔料を用いたりしました。
    劇場(駅舎)、ボトルシップ等大きめのモチーフが並びますが、
    これらの配置の仕方やアングルで悩んだりもしました。


    「本郷台駅前祭り」の水彩色鉛筆ワークショップの時に
    展示致しました。

  • i環境・素材

    水彩絵の具、水彩色鉛筆、ケント紙

  • i実寸サイズ

    A4サイズ(210×297)程

  • i製作期間

    10日位

  • iタグ

    アナログ 鉄道 夏の終わり
  • iライセンス

    設定しない

published : 2018/09/08

閉じる
k
k