K-OZAWA

m
r

K-OZAWA

妄想ノスタルジアの権化的な絵描き

  • 3

    Fav 234
  • 9

    View 82,832
  • p

    Works 190

K-OZAWA

妄想ノスタルジアの権化的な絵描き

WORKS

イラストレーション > イラスト

カーテンコールは最終夜行が告げる(Curtaincall @ the Boundary Station)

9

View
318

3

Fav
1

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

カーテンコールは最終夜行が告げる(Curtaincall @ the Boundary S...

by K-OZAWA

  • iコンセプト

    「数多の、とまでは言わないまでも
    決して少なからぬ数の物語に彩られてきた
    境目(はざま)の駅の一日は
    宵闇を抜けて異国の地へと向かう
    夜行列車の汽笛で幕を閉じるのさ。
    始発の明かりが
    灯る頃までさようなら。
    またあした。」

    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

    A4(210×297)程の(大きさに完成後)切り取った水彩紙に
    水彩色鉛筆・水彩絵の具で描いたもの。
    ある一つの「地域・都市圏」の「外縁部」にあるような、
    (鉄道の「(運転上の)境界」になっているような)駅と
    「最終列車の時間」を描いてみたかった...と言うのがありました。

  • i環境・素材

    水彩絵の具、水彩色鉛筆、水彩紙

  • i実寸サイズ

    A4(210×297)程

  • i製作期間

    ブランク期間含め2ヶ月程

  • iタグ

    アナログ フクロウ 鉄道
  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

カーテンコールは最終夜行が告げる(Curtaincall @ the Boundary S...

by K-OZAWA

  • iコンセプト

    「数多の、とまでは言わないまでも
    決して少なからぬ数の物語に彩られてきた
    境目(はざま)の駅の一日は
    宵闇を抜けて異国の地へと向かう
    夜行列車の汽笛で幕を閉じるのさ。
    始発の明かりが
    灯る頃までさようなら。
    またあした。」

    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

    A4(210×297)程の(大きさに完成後)切り取った水彩紙に
    水彩色鉛筆・水彩絵の具で描いたもの。
    ある一つの「地域・都市圏」の「外縁部」にあるような、
    (鉄道の「(運転上の)境界」になっているような)駅と
    「最終列車の時間」を描いてみたかった...と言うのがありました。

  • i環境・素材

    水彩絵の具、水彩色鉛筆、水彩紙

  • i実寸サイズ

    A4(210×297)程

  • i製作期間

    ブランク期間含め2ヶ月程

  • iタグ

    アナログ フクロウ 鉄道
  • iライセンス

    設定しない

published : 2016/12/26

閉じる
k
k