Alphact

m
r

Alphact

ダンサー・画家・俳優・音楽家・映像作家・造形家・デザイナー

  • 3

    Fav 40
  • 9

    View 12,117
  • p

    Works 9

Alphact

ダンサー・画家・俳優・音楽家...

WORKS

パフォーマンス > ダンス

ファウスト・メフィスト

9

View
459

3

Fav
4

1

Comment
0
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧
  • C
    作品を拡大
  • B
    作品一覧

Other Works

jシェア

ファウスト・メフィスト

by Alphact

  • iコンセプト

    2013年2月15日 大阪で開催

    小林十市×大柴拓磨
    トップダンサー2人による、贅沢で欲張りなステージ

    小林 十市(こばやし・じゅういち)

    東京都出身。祖父は落語会初の人間国宝・故五代目柳家小さん、弟は噺家・柳家花緑。1989年スイスのベジャール・バレエ・ローザンヌへ入団、『春の祭典』『火の鳥』『くるみ割り人形』『シエラザード』等に出演。2003年同団を退団後、世界各国のバレエ団にベジャール作品の振りうつしを指導。2004年『エリザベス・レックス』で本格的に俳優デビュー。以後、テレビドラマ『プリマダム』や数多くの舞台と活躍の場を広げている。主な出演舞台は『トスカ』『夜叉ケ池』「BURN THIS=焼却処分=」『セレブの資格』『戸惑いの日曜日』『その男』『冬のライオン』等。2010年に矢崎仁司監督の映画『スイートリトルライズ』で、本格映画デビューも果たす。同年暮れには、東京バレエ団主催の『M』にて、7年振りにダンサーとして復活を遂げる。

    大柴タクマ(おおしば・たくま)

    京都府出身。第14回こうべ全国洋舞コンクール第1位。2003年ニューヨーク国際バレエコンクールファイナリスト。主催者から要請され、コンクール後のガラ・コンサートに出演。同年、渡仏。日本人男性として初めてフランス国立パリ・オペラ座バレエ団と契約し『イワン雷帝』に出演。2004年~2006年シャルル・ジュド率いるフランス国立ボルドー・オペラ座バレエ団と契約。『白鳥の湖』『眠れる森の美女』『コッペリア』『ドン・キホーテ』『ピカソとダンス』等、多数の本公演、フランス内外のツアーに参加。現在は実験的アーティスト集団・Alphact(アルファクト)を立ち上げ、ダンスアクター、演出振付家として活動を中心に、様々なジャンルの舞台公演、雑誌、Webコンテンツ、TVCM、ファッションショーへの出演や、バレエコンクール・ダンスコンテストの審査員としても活動を展開している。

  • i作品URL

    alphact.jp/achievements/faust/...

  • iコメント

    【作・演出・振付】大柴拓磨
    【出演】小林十市 大柴タクマ
    【舞台監督】伊東昌彦(MSU)
    【照明】松谷将弘(ART COMPLEX)
    【音響】高畠里乃(ARTCOMPLEX)
    【演出助手】金刺わたる 
    【Web・フライヤーデザイン・広報】野田悠紀 (Arcphilia.inc)
    【制作】小沼建人
    【協力】キョードーファクトリー、佐藤典子舞踊団、大柴寛子バレエ教室、Arcphilia,inc. 
    【Special Thanks】天野弓彦、UKinEK、水上隆太
    【 企画製作】Alphact

  • iライセンス

    設定しない

1

Comment

  • FAVをして作品の感想・コメントを残しましょう

    3
    FAV

jこのページをシェア

ファウスト・メフィスト

by Alphact

  • iコンセプト

    2013年2月15日 大阪で開催

    小林十市×大柴拓磨
    トップダンサー2人による、贅沢で欲張りなステージ

    小林 十市(こばやし・じゅういち)

    東京都出身。祖父は落語会初の人間国宝・故五代目柳家小さん、弟は噺家・柳家花緑。1989年スイスのベジャール・バレエ・ローザンヌへ入団、『春の祭典』『火の鳥』『くるみ割り人形』『シエラザード』等に出演。2003年同団を退団後、世界各国のバレエ団にベジャール作品の振りうつしを指導。2004年『エリザベス・レックス』で本格的に俳優デビュー。以後、テレビドラマ『プリマダム』や数多くの舞台と活躍の場を広げている。主な出演舞台は『トスカ』『夜叉ケ池』「BURN THIS=焼却処分=」『セレブの資格』『戸惑いの日曜日』『その男』『冬のライオン』等。2010年に矢崎仁司監督の映画『スイートリトルライズ』で、本格映画デビューも果たす。同年暮れには、東京バレエ団主催の『M』にて、7年振りにダンサーとして復活を遂げる。

    大柴タクマ(おおしば・たくま)

    京都府出身。第14回こうべ全国洋舞コンクール第1位。2003年ニューヨーク国際バレエコンクールファイナリスト。主催者から要請され、コンクール後のガラ・コンサートに出演。同年、渡仏。日本人男性として初めてフランス国立パリ・オペラ座バレエ団と契約し『イワン雷帝』に出演。2004年~2006年シャルル・ジュド率いるフランス国立ボルドー・オペラ座バレエ団と契約。『白鳥の湖』『眠れる森の美女』『コッペリア』『ドン・キホーテ』『ピカソとダンス』等、多数の本公演、フランス内外のツアーに参加。現在は実験的アーティスト集団・Alphact(アルファクト)を立ち上げ、ダンスアクター、演出振付家として活動を中心に、様々なジャンルの舞台公演、雑誌、Webコンテンツ、TVCM、ファッションショーへの出演や、バレエコンクール・ダンスコンテストの審査員としても活動を展開している。

  • i作品URL

    alphact.jp/achievements/faust/...

  • iコメント

    【作・演出・振付】大柴拓磨
    【出演】小林十市 大柴タクマ
    【舞台監督】伊東昌彦(MSU)
    【照明】松谷将弘(ART COMPLEX)
    【音響】高畠里乃(ARTCOMPLEX)
    【演出助手】金刺わたる 
    【Web・フライヤーデザイン・広報】野田悠紀 (Arcphilia.inc)
    【制作】小沼建人
    【協力】キョードーファクトリー、佐藤典子舞踊団、大柴寛子バレエ教室、Arcphilia,inc. 
    【Special Thanks】天野弓彦、UKinEK、水上隆太
    【 企画製作】Alphact

  • iライセンス

    設定しない

published : 2015/07/29

閉じる
k
k